竹俣紅女流がニコニコ生放送に登場

将棋 第1回将棋ウォーズ名人戦最終日 生中継 (番組ID:lv139373054)

shogi-wars-meijinsen
これはチェックしなければ!

新桂 アガチス 3寸足付将棋盤
株式会社宇田
売り上げランキング: 82,066

郷田真隆

棋神―中野英伴写真集より
kishin-gouda-masataka480

棋神―中野英伴写真集
棋神―中野英伴写真集
posted with amazlet at 13.05.31
大崎 善生
東京新聞出版局
売り上げランキング: 486,471

変な羽生善治

棋神―中野英伴写真集より
kishin-habu-yoshiharu2-480

棋神―中野英伴写真集
棋神―中野英伴写真集
posted with amazlet at 13.05.31
大崎 善生
東京新聞出版局
売り上げランキング: 486,471

悪い羽生善治

棋神―中野英伴写真集より
kishin-habu-yoshiharu1-480

棋神―中野英伴写真集
棋神―中野英伴写真集
posted with amazlet at 13.05.31
大崎 善生
東京新聞出版局
売り上げランキング: 486,471

良い羽生善治

棋神―中野英伴写真集より
kishin-habu-yoshiharu3-480

棋神―中野英伴写真集
棋神―中野英伴写真集
posted with amazlet at 13.05.31
大崎 善生
東京新聞出版局
売り上げランキング: 486,471

森内俊之

棋神―中野英伴写真集より
kishin-moriuchi-toshiyuki480

棋神―中野英伴写真集
棋神―中野英伴写真集
posted with amazlet at 13.05.31
大崎 善生
東京新聞出版局
売り上げランキング: 486,471

形作り → 頓死

羽生善治論 「天才」とは何か (角川oneテーマ21)より

私の14連敗中、簡単な勝ちを逃した対局はいくつもあった。
極めつけは、北浜健介さんとの棋聖戦である。

既に私の必勝形になり、
「早く投了してくれないかな」
とおかしな心境になってしまった。
その結果、なんと5手詰みの頓死を喫してしまった。

北浜さんは形作りで指し継いでいたので、頓死になったとき、
「すみません」
と私に謝った。
北浜さんは思わず気遣いの言葉を発したが、
その言葉はいう必要はない。
頓死に気づかなかった私がいけない。

こういうこともあるんですね。

森内名人の時とだいぶ論調が違うのは、
北浜係長のキャラのおかげでしょうか?(笑)

羽生善治論  「天才」とは何か (角川oneテーマ21)
加藤 一二三
角川書店
売り上げランキング: 9,933

扇子鼻血事件

名人を夢みて―森内俊之小伝より

迎えた挑戦者は奨励会同期入会のライバル郷田真隆九段。

七番勝負の1局目に扇子の音を巡って事件が起こった。
「自分の手番のときに扇子の音をたてるのは控えてほしい」
と申し出た俊之に対し、
郷田は”扇子の音は常識の範囲内”という思いがあったのだろう。
立会人を含めて話がしたいということになり、
対局が中断するという異例の事態になった。
立会人と主催関係者と郷田が話し合い、
俊之は自室で待機した。30分後に
「森内の手番のときに郷田は扇子の音に配慮する」
ということで事態は収まった。

この事件に興奮したか俊之は鼻血を出し、
しばらくの間ティッシュペーパーを鼻に詰めて対局した。

森内先生は細かい事を気にしなさそうなのに。
意外。

しかし、頭に血が上ると、鼻血が出るのか。
漫画みたいな人だなあ。

名人を夢みて―森内俊之小伝
椎名 龍一
日本放送出版協会
売り上げランキング: 276,183

森内俊之 vs 島朗

名人を夢みて―森内俊之小伝より

俊之が全勝での挑戦権を決めた最終局は、
島八段との対戦だった。
最終戦を向かえて俊之はすでに挑戦決定。
対する島八段は負けたら降級、勝てば残留する可能性がある
という大きな勝負だった。

この将棋に俊之は勝つ。
勝負の世界という無菌室で純粋培養された俊之は、
島が序盤で見せた趣向をバッサリと切って落とした。

終局後、「お茶でも飲みませんか」と誘われて、
僕と鈴木大介八段は島八段についていった。
行った先は新宿の麻雀荘だった。
後から俊之も合流し、4人で麻雀を打ち始めた。

A級から陥落してしまった島につきあう麻雀だ。
森内が島の捨て牌を見て、小さな声で「ロン」といった。
なんだかモジモジしながら開いた手牌は国士無双。
親の役満で48000点である。
僕は思わず噴き出してしまった。

麻雀くらい、ちょっとは遠慮したら?
と思ってしまう。

名人を夢みて―森内俊之小伝
椎名 龍一
日本放送出版協会
売り上げランキング: 276,183

駒取り坊主

別冊NHK将棋講座 NHK杯将棋トーナメント60周年記念 もう一度見たい! 伝説の名勝負 (教養・文化シリーズ)より

(長沼洋)
36歳になっていて、
早指しでは手の見え方が、がくんと落ちていた。

30秒ならまだいい。
連盟での練習将棋は
10秒、または20秒の超早指しで行われることが多い。
連盟で将棋を指すことは少なくなった。

かわりに自分はネット将棋を指すようになった。
最初は弟に勧められてのことだが、
やってみると、なかなか勝てなかった。
しかし、いつしか上位に食い込めるようになった。
多いときは観戦者が300人くらい来た。

対局数も多かったので、長沼という名前よりも、
ハンドルネームのほうが有名だろうな、
と思ったりした。
実戦不足の解消には役立った。

ネット将棋には、こういう人がまぎれ込んでるのか。
時々、”異常”な人がいますよね。

長沼先生がNHK杯で勝ち上っていった時は、
気になって対局結果を追いかけたものです。
もう1回(といわず何度でも)、爆発してくだだい。