結婚競争

新手への挑戦―佐藤康光小伝より

当時、佐藤33歳。
結婚に対しては、こんな意識を持っていたという。
「そろそろかな、という気持ちは持っていました。
 ただ自分は結婚できるかどうか、不安もありました」

女っ気がなく将棋一筋に打ち込んできた佐藤も、
漠然とした不安や独身生活の孤独感を覚えていたのだった。

そういえばライバルの森内九段には先を越されていた。
「ショックでしたね(笑)
 森内さんよりは早く結婚できるものと信じていましたから。
 まあ森内さんも同じことを思っていたでしょうけど」

お互いに
「あいつは将棋ばっかりやってるから、まだ結婚できないだろう」
と思っていたようで、面白い関係ですね。
結果的には、2人とも良い女性と結婚されて、うらやましい限りです。

しかし、なぜ郷田先生が・・・

新手への挑戦―佐藤康光小伝
上地 隆蔵
日本放送出版協会
売り上げランキング: 569,771

Leave a comment

Your comment